Grow Flower, Grow!

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒園式 そして 今





娘の幼稚園の卒園式は 13日の日曜日に 無事に行われました。

式の途中にも 余震がありましたが みんなあわてることはなく

穏やかで 厳粛な雰囲気の中での式となりました。

担任の先生に導かれて 年長さんたちが ホールに入場してきて    

クラスの最後を しっかりと歩いている娘を見たとき 

この1年間の日々が 頭の中を駆け巡って 涙がこぼれました。

そして 子供たちは ホールの低いステージに置かれたイスに

私たち保護者の方を向いて 向かい合う形で 座りました。

 




修了証書の授与は 私たちと 子供たちの間に作られた

小さな小さなステージで 行われました。

修了証書を受け取る 子供たちの横顔は 誰もが輝いていて

受け取ったあと 保護者の方を向いて 一言幼稚園で 楽しかったことを

話すときも みんな堂々としていた姿に 成長を感じました。

娘の番が来たとき 彼女もまた 凛とした姿で証書を受け取り

楽しかった思い出を 話す姿を見て 本当にうれしかったです。

そのあとは 歌を歌ったり 年中さんから お歌のプレゼントがあったり

1年間の思い出を クラスごとに発表したりして 

優しく 温かい卒園式を 見届けることができました。

そして 式のあいだ中 日本に帰国してから 悩んでいた日々、

幼稚園に通わせる不安、泣いた日々、幼稚園が楽しい、と言ってくれた日々、

娘と同じように 私もまた 知らない世界に入っていく心細さ、

少しずつ ほかのお母さんたちと話せるようになっていった日々、

いろんなことが思い出されて 涙になりました。

そして同時に あの大震災で 卒園式ができなかったであろう   

たくさんの年長さん、保護者の方々のことが 心に浮かびました。

卒園式を 無事に迎えられたことを、 

娘が また一歩 成長するために 飛び立つ日を 迎えられたことを、

本当に 本当に 心から感謝しています。






数え切れないほどの思い出や 娘が自分なりに頑張って過ごしてきた1年間、

娘の成長、私のいろいろな思いを 書き記しておきたかったのですが

今は 私の心の中に しまっておくことにします。
  
いつの日か またあの日常が 戻ってきたとき

書き記すことができれば と思います。






そして あの大震災以来 ブログを書くことができませんでした。

私がブログを書こうとする 今この瞬間も いったいどれだけの方々が

悲しみ、苦しみ、辛さ、理不尽さの中に 立っておられるかを思うと

涙が出てきて 胸が張り裂けそうで ブログに向かうことができませんでした。

でも 夫がかけてくれた言葉、新聞で読んだ言葉、友人たちと話した言葉などで

少しずつ 気持ちを前向きにできるようになってきました。

被災した方々の胸に 私たちの慰めの言葉は届かないかもしれない。

でも 私たちは 考えることができる。

今 何をしたらいいのか。そして これから 何をすべきなのかを。

そして 私たちは 被災した方々の気持ちに 寄り添うことはできる。

励ましでもなく 慰めでもなく 共感することはできる。

日本中すべての人たちが 前を向いて 光差す方へ 歩んでいこう。

そしてまた 被災した方々を援助している人々、 

国民を守ろうと 命を懸けて働いておられる方々の姿を

忘れずにいたい。





スポンサーサイト

最後の幼稚園 そして・・・・・





金曜日は 最後の登園日でした。

そして あの東日本の大震災が 起きました。

その時 スーパーの3階にいた娘と私は 最初の揺れで すぐに停電し

そのあと 暗い中で 激しい本震が始まって 周りの品物が落ちる中で

もうあまりの恐怖に 声を出すことも 出来ませんでした。

その後 泣いて震える娘と なんとか帰宅できました。

夫のほうは 帰宅する手段がなかったけれど

日曜日の卒園式のためにも どうにかして帰りたい と 

会社から 6時間歩いて 我が家の隣の区までたどり着きました。

そこで もう足が動かなくなって 最後はタクシーを見つけることが出来て

夜中の2時ごろに 無事に 帰ってくることができました。
 
我が家は おかげさまで 家族3人無事でおりますが

ニュースを見るたびに 胸が張り裂ける思いです。

私には 祈ることしかできません。

どうかどうか 皆様が ご無事でいらっしゃいますように。






明日は 卒園式です。

娘と二人 通いなれた道を通るのも 昨日で最後でした。

たくさんの荷物を 持ち帰ってきた娘は

”もう ロッカーのなかは なんにもはいってないよ” 

その言葉に 改めて 卒園なんだなぁと感じました。

幼稚園を出たら 泣き始めた娘。

やっぱり さみしいのですね。もちろん 私もです。

明日の卒園式は 娘の人生にとっても 夫と私にとっても 一区切りです。

この日を迎えられることを 心から感謝して

卒園式に 臨みたいと思います。




今日で最後






日曜日の卒園式まで もう本当に あと少しになりました。

こんな時 時間が経つのが とても早く感じます。

娘も まだ幼稚園に行きたいのと 小学校に通うのが 不安なのとで

おとついも 寝かしつけるときに シクシク泣きました(;-;)

でも これが 今の娘の心にある 正直な思いだと 私も思っているので

無理強いせず 長い春休みを ゆっくり 楽しく過ごして

娘の不安を 少しずつ 取り除こうと思っています。






そして今日は 最後の一日保育&最後のお弁当の日でした。

最後の明日は 半日保育なので 体操服で登園です。

なので セーラー服姿で登園するのは 今日が最後でした。

今朝 娘が 制服に着替えている姿を見ながら 初めての登園日に

泣いている彼女に 何とか制服を着せて 家を出たことを 思い出しました。

いつの頃からか 制服も 自分から喜んで 着るようになり、

譲って頂いて サイズ直しをしたにもかかわらず 大きかったセーラー服も

気がつけば ちょうどよくなっていました。

あっという間の1年だったけれど 心も 体も 成長したんだね。

今朝 登園する前に 玄関前で 制服姿の写真は 撮ったのだけど

平面の写真よりも 娘の制服姿そのままを 心の中に 焼き付けました。 






そして今日は 最後のお弁当の日でした。

帰国して 「キャラ弁」という言葉を 初めて知って

図書館で 子どものお弁当の本を 何冊も借りて読んだ私。

”わ~、すごいな~~(@@)” と ビックリ&感心したのだけれど

でも結局 自分なりのお弁当でいいんじゃない、と思って

「キャラ弁」のように 手が込んだものは 一度も作ることはありませんでした。

それでも やっぱり栄養や 彩りなんかは それなりに考えて

娘の小さなお弁当の中に いろいろと並べてきました。

そして 幼稚園最後の お弁当(^-^)


3-10-1.jpg



   ・昆布のおにぎり     ・さつまいもの薄煮   
   
   ・卵焼き         ・にんじんと細切りこんにゃくのきんぴら  

   ・お花のソーセージ    ・蒸しブロッコリー  


最後だというのに いつもと変わらない 普通のお弁当です(^^;)


お弁当は 週に2回で 朝 私のお弁当作りが終わると 

いつも中を確かめては ”わ~い♪” と喜んでくれた娘。

いつも空っぽのお弁当箱を 持って帰ってくれた娘。

そして最後の今日も 空っぽになったお弁当箱を 笑顔で見せてくれました。 

お弁当、いつも全部食べてくれて ありがとね。

そして お友達や 先生と 楽しく食べてくれて ありがとう。






今日は 小さな紙に 娘にお手紙を書いて いちごを入れたタッパーに

貼っておきました(^-^)

お迎えに行って 車に向かいながら 娘は

”おてがみがあったよ。どうしてかいたの?”

”いつも残さず全部食べてくれて うれしかったから 書いたの”

”そうなんだ~。ありがとう”

”どういたしまして。お手紙、読めた?”

”わからないところは となりの○○ちゃんが 読んでくれたの”

あはは、やっぱりそうでしたか(笑)






そして 車に乗ると 娘は ”これ かいたの” と 

小さな紙を 私にくれました。

それは 私が娘に書いたお手紙の 裏側でした。 


3-10-2.jpg



ちょっと 意味不明なところもあるのだけど(笑)、

娘によると もっと書きたかったんだけど 紙が小さくて書けなかったので

書きたかったことの中から 抜粋して 書いてくれたそうです(^-^)

なんでも 「ママ ありがと 大きくなったら ママみたいになりたい」って

書こうと思ったのだそう(親ばかでごめんなさい)。 

小さなお手紙だけど とってもうれしかったです。

優しい気持ち ありがとう。

私にも 素敵な幼稚園の思い出ができたよ。

大切にするね。本当に ありがとう。





ひなまつり集会 と お別れパーティー





卒園式に向けて いろんなイベントが 続いている娘です(^-^)

まず 3月2日は 「ひなまつり集会」でした。

ちょうど ひな祭りの 一週間くらい前から 幼稚園の エントランスを

上がったところに とても立派な 七段飾りのお雛様が 飾られて

幼稚園の中が とっても華やかに なりました。

でも 飾ってある場所は 往来が多い場所の上 年長さんのお教室のすぐ近く。

”こんなところに飾っても 大丈夫なのかな~” って思ったけれど

子供たちはみんな お雛様の近くまでは寄らず 大切に 眺めていて

感心してしまいました。






ひなまつり集会のほうは みんなでお歌を歌ったり 先生が読んでくれるお話を

聞いたり コーラス部のママたちのお歌を 聞いたりして 楽しんだみたい。

そして 甘酒代わりに みんなでカルピスを いただきま~す♪

おうちには 小さな小袋の ひなあられと この辺りでは有名なケーキ屋さんの

小さなチーズケーキを お持ち帰りでした。

小学校では ひなまつり集会なんかは もうないだろうから

娘は 1回だけでも 楽しむことができて よかったです。






そして 翌3月3日は 「お別れパーティー」でした。

この日は 子どもたちが 思い思いに やりたいことを選んで

みんなで楽しく 一日を過ごしましょう ってことだったみたいです(^-^)

いくつかのグループの中から 自分が好きなことを選んで  

みんなの前で 発表したり 作ってみたり。

グループは ホールの飾りつけグループ、手品グループ、ピアニカグループ、

お歌グループ、運動会で踊ったソーラングループなどなど。

そして メインは パンケーキグループかな。

なにしろ このパンケーキが この日のランチになるのですから(^▽^)






お料理好きな娘は 絶対パンケーキグループだろうなぁ って 思ってたけど

以外にも ピアニカグループを 選んでました♪

今年に入って ピアノを習い始めて以来 ピアニカもとても好きになりました。

きっと 「弾く」ということが わかってきたのかな と思います。

そして そのほかのグループの発表も とっても楽しかったみたい(^-^)

”じょうずにひけたから みんながはくしゅしてくれたよ!”

”ほかのグループのはっぴょうも じょうずだったよ~”

”てじなは なにかが バッ!って きえたの~(@@)”

(↑何が消えたかは 娘の話では よく分からなかったんだけど(笑))

子供たちが 好きなことを楽しんでる姿が 思い浮かんで うれしかったです。






そして メインのパンケーキのほうは ステージの上のテーブルに

ハム、チーズ、バナナ、いちご、ホイップクリームなんかが並んで

バフェみたいに パンケーキの上に 自分の好きなものを 選んで

自分だけの パンケーキランチを 作ったらしいです(^-^)

なので 娘に ”何を 乗せたの?” って聞いたら

”ハムと チーズと クリーム!(^0^)” でした。

あちゃ~~、どんなお味だったのかしらん(^^;)

でも 本人は おいしかったよって 喜んでました(笑)






この日は グループでの発表のほかに 娘のクラスの男の子がバイオリン、

隣のクラスの男の子が チェロを弾いたらしく 拍手喝采だったそう。

バイオリンを見たことがある子は いると思うけれど、

お友達が 弾いている姿を見る機会は ほとんどないし、

チェロの方は 身近で見たことがある子は あんまりいなんじゃないかな。

なので 子どもたちはみんな 驚いていたみたいです。

”OOくんね、おいすにすわって てをぐ~って のばしてたよ!”

”すっごくおおきいのに どうしてひけるのかな~(@@)”

娘も バイオリンと チェロを見て ビックリしたみたい。

もちろん 子どものためのチェロなので 大人のものと比べると

少し小さいのですが 幼稚園児にとっては やはり大きな楽器です。

あ~~、私も聞いてみたかったなぁ。






2日間、楽しいイベントが続いて 今さらながら 思い出ができています。

あと2日間、楽しく元気に 幼稚園に行こうね。






娘が 幼稚園で製作してきた お雛様と お内裏様♪

千代紙の着物が かわいらしいです。


3-8-1.jpg



さっそく リビングの壁に 飾りました。

これからは 我が家のお雛様と お内裏様を 飾るときには

娘が作った お雛様と お内裏様も 飾ろうと思います。

そして それを見るたびに 幼稚園の日々を 思い出すのかな。





ランチ会 と 音楽会ごっこ





いよいよ 幼稚園に通うのも 残り5日間になりました。

来週の日曜日は 卒園式です。

あんなこともあったな、こんなこともしたよね、と この1年間の日々を

思い出しながら過ごす 毎日です。






そんな中 最後の懇談会&懇親会が ありました。

そう、初めての懇談会のとき 知っているママたちが 誰一人いない中で

めちゃくちゃ緊張した私は 他のママたちが 楽しそうにおしゃべりしてる姿を

見ながら 一人で小さくなっていたのでした。

だから ”娘も こんな気持ちで 幼稚園に通い始めたんだな~”って思うと

彼女が頑張っていることに あらためて気付かされたのです。

そして 1年が経ち 私もほかのママたちと 少しは話せるようになりました。

まあ まだ相変わらず ちょっと小さくなってはいますが(笑)



  


懇談会は いつものように 先生のお話から始まって

次に これまたいつものように ママたちが 一言話したのですが

幼稚園最後の懇談会、ということで 皆さんが 年長さんになってからの

成長と共に 3年間(2年間のママも)の思い出を 話されたのですね。

で 皆さん 話す前から もううるうるモードでは あったのだけど

話し始めると 涙声になって それがみんなの涙を誘って 涙涙(;-;)

そして もちろん先生も もらい泣きされてました。

1年間しか通っていない私と娘でも こんなにたくさんの 思い出ができた

幼稚園生活なのだから ほかの皆さんは もう一言では語りつくせないほどの

思い出が あるのですよね。

私も 1年間の思いを話そうとしたら もう最初から 涙声になってしまって。

こんな調子じゃ 卒園式は 朝から号泣かも。

で、懇談会の時に配られた 卒園式のお手紙。

きちんと 園の封筒に入っていて 先生から一人づつ 手渡されました。

”本当に 卒園するんだな・・・”って 改めて実感した私。 

幼稚園生活が終わる日は 確かに来るのですよね。






そんな ウルウルな懇談会のあとは 親子で懇親会。

年長さんと ママたちとで ランチ会です(^-^)

この日は 幼稚園のお給食の日だったので ママたちも同じくお給食♪

ホールに机を並べて みんなで ”いただきま~す(^▽^)”

子どもたち用の お給食。お弁当形式なのです。


3-2-1.jpg







こちらは 大人サイズのお給食。

これは いつもは 先生方が食べられているものです。 


3-2-2.jpg



今日のメニューは 
   ・すき焼き風煮       ・ご飯
   ・いんげんの煮物     ・お漬物(子どもはなし)
   ・チキンのトマト煮     ・ゼリー
   ・オムレツ
   ・ほたてのフライ
   ・パンプキンサラダ

子供用の お給食は 大人と同じメニューで 量が少なくしてあります。

大人用のお給食、けっこう量が多くて なんとか全部食べました。

温かいし お味もなかなかよかったです(^-^)

お給食が終わったら デザートタイム♪

紙コップに入った フルーチェでした(少量なんだけど)。

生まれて初めて フルーチェを食べた娘、甘くてびっくりしてたけど

頑張って おはしですくいながら 完食です(笑) 




 

ランチ会のあとは 音楽会ごっこ。

机を片付けている間に 子供たちは ピアニカの準備です。

そして ホールのステージの上に 階段状に並べた机で 歌とピアニカを

クラスごとに 発表してくれました。

制服に着替えた子供たちが 入場してきて 音楽会ごっこの始まりです。

娘のクラスは 「手をたたきましょう」を 振りつきで歌ったあと、

その曲を ピアニカで弾きました。

大きな声で 歌って 一生懸命ピアニカを弾いている娘。

1年間の間に 彼女なりに こんなにいろんなことができるようになっていて

ジーンとしてしまいました。






帰りの車の中でも おうちでも 

”うたってるこえ、きこえた? おっきなこえで うたったよ”

”ピアニカ がんばってれんしゅうしたけど ちょっとまちがえた~”

”Mommyのこと、みえたよ~~”

と 何度も楽しそうに 話してくれた娘。

お歌、とってもよく聞こえたよ。

ピアニカを弾く顔、すごく真剣だったね。

お歌も ピアニカも クラスみんなが楽しそうで とってもよかったよ。

卒園前に また一つ 素敵な思い出を ありがとう。




HOME →次ページ

プロフィール

Linny♪

Author:Linny♪
夫と私、そして2004年10月生
まれの女の子の3人家族です。
ささやかな日常のこと、
娘のこと、アメリカでの思い出
などを、ゆっくりのんびり
綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。