Grow Flower, Grow!

01月≪ 02月/12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドセル





”ピカピカの一年生”といえば いろいろなものが 頭に浮かんでくるけれど

子どもにとっても 親にとっても 大きな関心ごとの一つは  

やっぱり ”ランドセル” じゃないかな(^-^)






そんな”ランドセル”で 思い出すのは 私の母と妹が 新聞に載ったこと。

今からもう何十年も前のことなのだけど ある日 母と妹が

デパートにお買い物に行って ランドセル売り場の前を通った時、

ちょうど ランドセル売り場を 取材に来ていた 新聞社の人から

”親子で 写真を撮らせてもらえませんか”って 頼まれたのです。

なんでも ”ランドセルシーズン到来” みたいな記事を 書きたかったみたい。

が 実はその時 妹はまだ4歳ちょっとで どう見ても小さくて

母が ”まだ 幼稚園にも 通っていないんですけれど”と 言ったら

どうやらこの日は お目当ての親子連れが ほとんどいなかったらしく、

新聞社の人から ”それでも全然かまいませんので ぜひお願いします”と

写真撮影を 頼まれたんですね。 

で、結局母が にっこり笑顔の妹の背中に ランドセルを掛けようとしていて

それを 店員さんが これまたにっこり笑顔で見ている という 

めちゃくちゃ出来すぎの写真が 新聞に載ったのです(笑)

(後日 新聞社から この日撮った写真が送られてきました。)

そして このときの 母と妹の服装は 冬のコート。

そう、ランドセルって 冬が来たら お店に並んでたんですね。






時は流れて 今年の春小学校にお入学する 子どもたちのランドセルが

店頭に並び始めたのは なんと 去年の夏休み終了と同時(@@)

お店の人も ”こんなに早く並んだのは初めてです” って言ってました。

ほんの数年前には 女の子は赤、男の子は黒、っていうのが普通だった売り場も

今は 毎年新色、新デザインが登場して クレヨンみたいに多色展開(^-^)

かわいらしい刺しゅうや リボンやハートなんかのびょう使い、

本体の色とステッチが 違う色だったり 裏布がチェックだったり♪

そして極めつけは すべてのパーツを自分で選んで作る 完全オーダーメイド。  

その 素晴らしいランドセルは もちろんお値段も 素晴らしい(笑)

 




新一年生は ゆとり教育が終わり 教科書が 厚くなっています。

それに伴って ランドセルも 私が学校に勤めていたときより

一回りは 大きくなった感じです。

でも より軽くなっているので いろんなところが 進歩してるのでしょう。

ランドセルメーカーは それぞれが いろいろと工夫を凝らしていて

”天使の○ね”とか ”グッド○ィット”とか ”ふわ○ぃ”とか、

いろんな名前で いいところを アピールしてますよね(^-^)






さて ランドセルが 店頭に並び始めてから 我が家の娘も

ランドセル売り場を 通りかかると  

”あのいろがいいな~” とか ”これもいいな~” と

自分が気に入ったランドセルを 背負ってみては にっこり笑顔(*^-^*)

ピンクが好きな娘は やっぱりピンクに 目が行くみたいです。

でも実は 我が家のランドセルは 夫の会社が 一年生になる子どもたちに  

お祝いとして プレゼントしてくれるものにするつもりでした。

もう 何十年も続いている このランドセルのプレゼントは、

親子二代で頂いている人もいて 夫の会社の 伝統的なイベントです。

ランドセルを頂けることは とってもうれしいのだけど

ランドセルが何十色もあるこの時代に 赤と黒のみ(;-;)

”ピンクがいいな~” の娘が 納得してくれるかどうか 悩みました。






が ある日 ”今年から ピンクとブルーも あるんだって” と夫。

”え~~、ほんと~~?!そりゃよかった(^▽^)”

”それなら 彼女も 喜ぶよね~~。待っててよかったわ~”

早速 頂けるランドセルのメーカーを調べて 色を見るために

イトーヨー○ドーに出かけていきました。

 




そこで見たピンクは ”わ~~お(@@)”っていうくらいの どピンク。

描いていたイメージのものとは 正直だいぶ違ってたのです。

ピンクがよかった娘は ”わ~、これなんだ~(^-^)” と  

うれしそうにしていたけれど 私はちょっと考えてしまいました。

店員さんも ”こういうピンクは 親御さんとお子さんの意見が分かれるので

親御さんが「6年生まで使うように」と 約束させてらっしゃいますね”

と 話してくれました。 

私の中には ”娘が「これがいい」” というのを選ぶのが 一番いい、

という気持ちと ”これなら 赤の方が・・・” という気持ちが生まれて

結構真剣に 悩んでしまいました。






それからは お店に行っては 赤とピンクを 見比べる日々。

娘の気持ちと 私の思いが 交錯してしまうのです。

ランドセルの 申し込みの締め切りまで 数えられないくらい 

何度も見に行って ピンクを背負ったり 赤を背負ったり。

そして いろいろあって(それはまた今度 書こうと思います)

最終的に 娘自身が 赤いランドセルを 選びました。  






決めてからは 娘は 赤いランドセルを 楽しみに待っています。

なのに 私のほうが どうしても 

”好きなほうを 選ばせてあげればよかったかな”とか 思ってしまうのです。

娘の方が よっぽど気持ちの切り替えが 早いです(^^;)

そうだよね。決めたんだから 楽しい気持ちにならなくちゃ、だよね。

一生懸命 考えて 決めたことだもん。自信を持たなきゃ、だよね。






そして こちらも 夫の会社で 長く続いている「ランドセル贈呈式」が

明日の夕方から 夫の会社の中で 行われます。

先日 娘あてに届いた 「ランドセル贈呈式」の 招待状♪


2-5-1.jpg



毎年 たくさんの家族が 参加するみたいで 

最初で最後の参加になる 我が家にとっては たくさんの娘の同級生たちと

一緒に 一年生になる喜びを 分かち合えて すごくうれしいです。




待ちに待ったランドセル、明日おうちにやってくるね。

ピカピカのランドセル 背負った姿が見たいな。

桜が咲く頃 ランドセルと一緒に 一年生になるんだね。

あっという間に 大きくなって うれしくて ちょっと さみしいよ。

ランドセルと一緒に どんな6年間を 過ごすのかな。  



スポンサーサイト

HOME

プロフィール

Linny♪

Author:Linny♪
夫と私、そして2004年10月生
まれの女の子の3人家族です。
ささやかな日常のこと、
娘のこと、アメリカでの思い出
などを、ゆっくりのんびり
綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。