Grow Flower, Grow!

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省の思い出 




新年が始まって もう1週間が経ちましたね。

ほんの少し前、帰省先でのんびり楽しく過ごしたり、渋滞にはまりながら

何とか我が家にたどり着いたことが もうしばらく前のように感じます。

こんな調子で 今年もあっ!という間に 時間が過ぎていくのかしらん(涙)






という訳で しばらく前のことに感じつつある 帰省中の思い出などを少し。

娘は 生まれてすぐにアメリカに行ったので 夫と私の実家を訪れる機会がなく

1年に一度の 短い一時帰国では なかなか実家に馴染めず 毎回激泣き(涙)

何度一時帰国しても 同じ状態で 夫も私も 娘から離れられませんでした。

日本に帰国してからの帰省でも そのころ娘は ほとんど日本語を

話せなかったし 相手の日本語も 分からなかったので

身内の人たちとのコミュニケーションが難しくて あんまり楽しそうじゃない(涙)

 




それが 段々と慣れてきて 少しずつ日本語が話せたり 理解できるようになると

身内の人たちと一緒に 楽しい時間を過ごせるようになってきました(^-^)

今では 夫と私が買い物に出る時も 娘は

”おばあちゃんたちとお留守番してるから いってらっしゃ~い” と言ったり

夫と私が 食事のお片づけをしてる時も リビングでおじいちゃんたちと遊んだり。

いやほんと、かつての激泣きが想像できないくらいに 変わっちゃいました。 

もちろん そのほうが 何倍もうれしいんですけどね(^0^)






いとこたちとも 本当に楽しそうに遊んでます。

一人っ子の娘は 私たちと一緒に遊ぶ以外は どうしても一人遊びになるので

絵を描いたり クラフトを作ったり シルバニアで遊んだり と 静かですが

いとこたちとは 走り回ったり 転げ回ったり じゃれあったり と

それはもうにぎやかで 止まることなく 動き回ってます(笑)

なので こちらに戻るときは もう遊べないのが悲しくて

しばらくの間 車内で わんわん泣いておりました。

また夏に みんなに会えるからね。

そしたら 一緒に遊んで 公園にも行って 花火もして 泳ぎに行って 

楽しいこと いっぱいいっぱいやろうね。 






夫のお姉さんファミリーが飼っている トイプードルちゃん(^-^)

とってもかわいくて 我が家も帰省時に会えるのを 楽しみにしています。

今回は みんなと一緒に 娘念願のお散歩に 行くことができました。   


1-8-1.jpg







そして もう一つ 帰省ネタを。

実家に帰って お買い物に行って パンコーナーを覗くと 絶対に目にする

めちゃくちゃ有名な ”タカキベーカリー” の パン♪

っていっても ”タカキベーカリーなんて 知らないわ” ですよね。

でも 関東なんかのデパ地下で見る ”アンデルセン” っていうパン屋さんは    

ご存知の方も いらっしゃると思います。

この ”アンデルセン”は ”タカキベーカリー”が やってるんですよん♪

そして タカキベーカリーの本社&本店は 実家のある県に あるのです。






で ”タカキベーカリー” といえば 何といっても 「サンライズ」!!

これを知らない人は 絶対にいない!(って思う・・・・・(笑))

これは いってみれば メロンパンに近いんだと思うけれど

でも やっぱり私は メロンパンとは 味や 食感が ちょっと違うって思うし 

メロンパンじゃなく 「サンライズ」なのです!

 
1-8-2.jpg



だって 向こうでは 「サンライズ」が普通で 実は私は 関東に来るまで

「メロンパン」っていう言葉を 聞いたことがなかったもん(笑)

それにね 「サンライズ」の方が 「メロンパン」より 先に出たと思うな。

というわけで 「サンライズ」は すご~く有名なんだけど

夫に言わせると ”「オリオン」も お忘れなく~” だそうです、あはは。

そうそう この「サンライズ」を買ったのが 年末だったんだけど

消費期限が 全部1並びでした(^-^)V 何だかちょっと うれしいな♪






さあ お正月気分にもさよならして またいつもの毎日を 頑張らなくっちゃ。

そしてこの 運動不足&体力減少を なんとかしないといけません(涙)

今年こそ 体を動かすように 頑張ります! 



コメント

疑似パパ経験

悲しくて泣いちゃう子供というのを聞いてつい連想してしまったのですが、昨日、私の勤め先の美容室に9ヵ月の赤ちゃんを連れたお客様がおりました。

ママが2階で施術している間、私は階下で独りの子守り役兼受付業務。人見知り泣きをする女の子は「ママがいない!!」と不安一杯の大泣き状態。
私の腕の中で泣きわめいてばかりでしたが、抱き方を安定させたり、ゆっくり揺らすようにしたり、歩いてみたりと段々と彼女が落ち着くようなツボを探しながら1時間だっこしてました。

そして最後には自分の腕の中でスヤスヤ顔。。。

うれしかった。重たくて腰が痛かったけど、彼女が安心して寝てくれたことが本当にうれしかった。これには実のお母さんもビックリしてました。

ほんの僅かですが、母親の苦労の一つが垣間見えた一瞬でした。
ちなみに子守唄には、私の大好きな尾崎豊のI Love You(フルコーラス完全に唄える数少ない歌の一つなので)
この歌の「目を閉じるよ~」とか、「うーうーうー」っていうのが実に子守歌っぽいんですよん。

そんな小さなお子様も、お嬢ちゃんみたいに一歩一歩成長していくんですね。私もそんな気持ちを親に抱かせながら大きくなっていったんでしょうね。育ててくれた親に感謝しなきゃと思うサルサ野郎でした。

またこのBlogで気づきをいただきましたね!

サルサ野郎さんへ

こんにちは♪ご訪問 ありがとうございます(^-^)

素敵なコメント、ありがとうございました。
心がジーンとしながら、読ませていただきました。
お返事が遅くなってしまって、ごめんなさい。

サルサ野郎さんのお気持ち、すごく分かります。
娘が赤ちゃんだったときもそうでしたが、赤ちゃんが機嫌が良かったり、楽しそうにしている時には、大人側も一緒に楽しめたり、こちらの気持ちも穏やかでいられるのでいいのですが、ぐずったり、大泣きし始めたりすると、大人の方もあたふたしたり、時にはこちらも泣きたくなるんですよね。
で、以前うまくいった方法を試したり、それがダメな時は新しいやり方を試したりして、試行錯誤の末に、スヤスヤと寝息が聞こえ始めたときには、心底「やった~~!!」って思ったものです。

だから、サルサ野郎さんはすごいな、って思いました。
サルサ野郎さんが、じっくりゆっくり赤ちゃんの気持ちが落ち着くポイントを探してあげたから、彼女も安心してねんねできたんだと思います。
このポイントを、自分なりに考えて探したサルサさん、ほんとに素晴らしいです(^-^)

子守唄、”I LOVE YOU”だったんですね♪
きっと赤ちゃんの耳に、気持ちよく届いたんですね。
それにしても、寝かしつけようとするとき、無意識に子守唄を歌うけれど、歌の力もまた、素晴らしいのね、って気付きました。

それから、このお母さん、赤ちゃんを見てもらっている間に施術(って言うんですね)してもらって、とってもリラックスできたんだろうな、って思います。
私もそうでしたが、赤ちゃんが生まれると、どうしても自分のことが後回しになってしまって、なかなか美容室にもお出かけできないのですよね。私も、ほんとに美容室に行きたかったですもん。ちなみに、出産後、11ヶ月経って、やっと美容室に行けました。
変な言い方ですが、毎日赤ちゃんのお世話に追われるので、時には美容室で自分をお世話してもらってリラックスしたいな、って思うのです。
でも、赤ちゃん連れでは、それも難しいんですよね。
だから、このママは、サルサ野郎さんが赤ちゃんを見てくれて、とってもうれしかったと思います。

私も、サルサさんのコメントを読んで、改めて娘が幼かったときのことを思い出しました。こうやって彼女を抱っこしていた日々があったように、私たちも親に抱っこされていたのですよね。そして、娘の成長を喜んでいるように、親もまた、私たちの成長を喜んでくれたのだな、と感じます。本当に、人間の生は、つながっているんですね。

私も、サルサさんのコメントで、いろんなことを思い出しました。
ありがとうございました(*^-^*)

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

Linny♪

Author:Linny♪
夫と私、そして2004年10月生
まれの女の子の3人家族です。
ささやかな日常のこと、
娘のこと、アメリカでの思い出
などを、ゆっくりのんびり
綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。