Grow Flower, Grow!

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノレッスン





以前から ピアノを習いたがっていた娘(^-^)

幼稚園の 娘のクラスにあるピアノを お友達が弾くのを見て

”わたしもひけるようになりたいな~” って思ったみたいです。

でも 一時的な興味かもしれないし 我が家にピアノはないし ということで 

少し時間を置いて しばらく様子を見ることにしました。






そうこうしてたら 去年の夏に帰省したときに 私の父が

”お母さんが使っていたキーボードを 持って行ったらいいよ” と

言ってくれて 我が家にもらってきたキーボードを 

娘が触っては 思うままに鍵盤をたたいて 遊ぶようになりました。

で、私が簡単なメロディーを弾いてやると すごく喜ぶのです。

なので こんなに興味があるのなら 習わせてみてもいいかな と

ご近所の方に ピアノの先生を ご紹介して頂きました。






そして 娘には 習う以上は簡単にgive upしないこと、曲が弾ける楽しみを

味わうためには きちんと練習すること、そして練習は毎日すること を

話して聞かせ それができるのなら レッスンに通ってもいいよ と話したら

”うん!がんばるから レッスンにかよいたい!!”と 元気なお返事(笑)

という訳で ピアノのレッスンに通うことになりました。 






でも 実は 私の方も 娘にはピアノを習わせたいな という思いは

ずっと以前からあったのだけど アメリカにいたときには

いろいろとあって ピアノを習わせる時間が ありませんでした。

あとは 私自身の経験から ピアノを習わせるのには ちょっと大げさだけど

決意がいる、というか 覚悟がいる、みたいな思いがあって。






私自身は 3歳からピアノを習い始めて 高校卒業まで 続けました。

ピアノ以外にも いくつか習い事をしていて それでも 小学生のときは

それらをこなすことも そんなに難しくはなかったです。

でも いろいろと 習い事をしてると みんなそうだと思うけど

中学生になると ”クラブ活動の壁” に 当たるんですよね。

帰宅も遅くなって 習い事を続けるのが だんだん大変になってくる。

結局 私も ピアノだけは続ける ということになりました。

それでも 部活が終わって 帰宅してからの練習や 試験期間の練習は

しんどい時も多かったし 時間のやりくりも 大変だった気がします。






で 次に来るのが ”高校受験の壁” かな。

この頃には 私のピアノのお教室でも レッスンをやめる子もいました。

私は 音楽の道に進みたい という気持ちもあったので これはなんとか

乗り越えたけど 練習は 思ったようにはできなかったかな。






高校に入ると いよいよ 音楽の道に進むための努力をするのか

別の選択をして ピアノは趣味として続けるのか ということになりました。

最初は 音楽の道に ということで そういうレッスンも始めたんだけれど

教師になりたい という思いの方が 強くなっていったことと

このくらいの年齢になると ピアノに対する自分の実力とか 能力とかが

分かるようになってきていて ピアノだけで生きていくのは難しい と

思い始めたんですよね。

で 結局 高校を卒業した時に レッスンも卒業しました。  






こういうことがあって ピアノを習うということは 上達していく楽しさと

同時に それを味わうための練習を きちんと続けていくことの難しさが

同居していて(もちろん習い事は、みんなそうだと思います)、

どうしても慎重に なっちゃうのです。






まあ 習い始めたばかりなのに 先のことを心配しても しょうがないので

今は ピアノって楽しいね っていう気持ちを 娘が抱いていけるように

私も一緒になって 久しぶりの音符たちを 楽しんでいきたいです(^_^)






昨日 頂いてきた 娘の楽譜と 五線譜ノート。

私が子どものころは 最初のピアノ教本といえば バイエルなんかで

それも カラー印刷や イラストなんか全くなくて いきなり♪ばっか(笑)

時代は変わったのね~~。こんなにカラフルで ビックリです。


1-13-1.jpg







お約束どおり 今日から練習です(といっても あっ!という間ですが(笑))

昨日 先生のところで弾いた(鍵盤をたたいた)ところを復習しました。

昨日よりも 上手にできたせいか 練習後は うれしそうな顔でした(^▽^)

そんな顔を見ていたら 私もまたピアノを習いたいな~ なんて思ったり。
 
親子で ピアノの音を楽しむ生活、それもまたいいかな♪




コメント

挫折組でーす

あぁ・・・やりました、私もピアノ。
でも駄目でした。私は最初からそんなに楽しさを感じなかったし、そもそもすごくやりたいって思って始めなかった気がします。
その後もいろいろ手を出して気がついた事は『楽器に向いてない』でしたけど(笑)
Linny♪さんもやってらしたのなら大丈夫ですね!

習い事って悩めるところです。
うちはまだ0歳。でもすぐそんな時がきそうで。
自分がやって来た事をやらせるってのもいいなとも思うけど、自分がやれなかった事をやってくれるのも楽しそうだな(^^)

いつか聴かせてもらえるかしら~
娘ちゃんのファンとしては切望♪します!

私も早期挫折組

う~ん、
単純に「がんばれ」っていえない事情がよーーくわかりました。

子供が能力を向上させるのは良いことだけど、そのことで様々な障壁とぶつかったり、続ける苦しみが潜在するんですね。

私の場合、小学校3年生の時に習い始めたクラシックギターでした。
2つ上の兄が既に始めていてカッコヨカッタから真似てみたという極めて浅いきっかけでした。よくある次男坊のパターンでしょうかね。
結局、週2ですら通うのがおっくうになって2年間でやめてしまいました。

「あきらめが肝心」なんていうのは、都合の良い理由!
継続する力っていうのは、幼い頃からの習慣で身に付くものですよね。
きっと習い事を長期にできる人は、たとえプロにならなくても継続力や忍耐力、向上心がつくのでは。
(と、人事経験10年の想像癖がついつい出てしまいます)

あの時、やめなければよかったと思うのは、子供の頃の習い事だったりする大人ってとっても多い気がしますね。


は! 
私の場合、継続しているのは自転車くらいかも。。。(ザンネン!)

もし自分に子供がいて、「パパ、MTB乗りたい」って言ったら
めっちゃうれしいけど、自転車係数が高過ぎる人生は送ってもらいたくないな~。

自分の過去の成長を振り返る機会をいただけるBlogですね。

RUIさんへ

こんにちは(^-^) 最近ほんとに寒いですね~。

最近は、ほんとにいろんな習い事があふれかえってて、「0歳児からでもOKですよ!」なんて広告もあって、ビックリします。
あっ!それどころか、「妊娠中から始めましょう!」なんてのもあるから、”そこまでするの~(@@)” って思っちゃいます。

確かに、習い事って、親にとっては「何をするか」、「いつから始めるか」、「それが子どもにとって有意義なものか」、とかから考え始めないといけないから、けっこう大変だなって。
そして、やっぱりお月謝や会費の面も、すごく重要なことだし。

・・・・・とまぁ、親はあれこれ思うのだけど、当の子供たちは、「お友達もやってるもん!」とか、「あれができたらカッコいい!」とか、「あんな風になりたいんだもん!」とか、すっごく直感的な理由で(当の本人たちは、もちろんいたって真剣なんだけどね(笑))、いろんな習い事に挑戦したがるんですよね~、あはは。
なので、やっぱり親の見極めが大切なんだな~って感じてます。

私も、ほんとのこと言うと、いくつかやらせてみたいことがあるんですよね。というか、私のほうがやってみたいんだけど(笑)。
でも、ちょっと年齢が・・・・・ってことで、娘がやってくれないかな~って密かに思ってるのです(^-^)

Baby girlちゃんも、これからいろんなことに興味深々になってきますね。どんなことが好きになっていくのかな~(*^-^*)

娘のピアノ、楽しさを優先して、やっていこうと思ってます♪

サルサ野郎さんへ

こんにちは(^-^) いつもコメントを楽しく読ませて頂いてます(^-^)

サルサ野郎さん、ギターを習っていらしたんですね♪
やっぱり男の子は、ギターを弾く姿に憧れがあるんですね。
私も思うのだけど、子どもの習い事を始めたがる一番の動機は、やっぱり「憧れ」のような気がします。これって私は、「他者を尊敬する」ってことだと思うから、とても大事な動機だと感じます。
ただそこは子ども、陰に隠れている「努力」までは、見えてないんですよね(笑)私もそうだけど、「自分ももうすぐ、あんな風になれるわっ!」って、思っちゃう(笑)

本来子どもって、諦めが早いし、同じことを続けるのが嫌な生き物だから、どうしても大人たちが、励ましたり、背中を押したりしながら続けさせる、っていう面が出てくるんですよね。
辛い時期があって、楽しい時期もやってくる・・・・・。そう、まるでチャリライドのようだわっ!!坂道、ビュ~~ン(^▽^)!イエ~~イ!

ほんとにサルサさんが言われるように、多くの大人が「あれを続けていればよかったな~」って思ってると思います。私もそうだもん。
それって、”習い事を頑張らなくちゃいけなかった”子どもの頃には分からなかった、”習い事だって楽しみながらできるんだ”っていうことに、気がついたせいなのかな、って思います。

いつかサルサさんのお子さんが、MTBを始めたいって言ったら、素晴らしいコーチがいつも待機していてくれるから、きっとメキメキ上達するかも(^-^)
そしたら、親子で一緒にライドに行けて、気がつくと「パパ!早くついておいでよっ!!」って言われちゃうかも?(笑)

私も、サルサさんのコメントを読むたびに、いろんなことを思い巡らせることができます。なので、お返事いつも長くてごめんなさい。(夫が、ブログ書くのも、お返事書くのも、5億光年かかってる、って言うんです)

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

Linny♪

Author:Linny♪
夫と私、そして2004年10月生
まれの女の子の3人家族です。
ささやかな日常のこと、
娘のこと、アメリカでの思い出
などを、ゆっくりのんびり
綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。