Grow Flower, Grow!

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品展 と お店屋さんごっこ そして 涙





先週の 建国記念の日の祝日に 娘の幼稚園で 作品展が 開かれました。

天気予報の通り 前日の夜から降り出した雪は 朝になっても止まず

”作品展は 延期かな~”と 思っていたけれど 予定通りに開催が決定。

我が家は 9時から10時半までの 最初の観賞グループだったので

雪の降りしきる中 家族で幼稚園に出かけました。






幼稚園に着くと すでに来ている家族は まだ3家族くらい。

なので 最初は ゆっくりと観賞できました。

エントランスの外に置いてあった ”作品展”の看板(^-^)


2-17-1.jpg







そして エントランスには 案内板も出ていました。


2-17-2.jpg



一番下の 「カプラ」 というのは 積み木の一種で

今 幼児教育界の間で ものすごく注目されているものです。

「魔法の積み木」とも呼ばれていて 娘の幼稚園にも 今年やって来ました。






作品展は 子供たちの 造形作品のほかに 今週の月曜日に行われた

「おみせやさんごっこ」で使うものも同時に 展示してありました。 

年少さんの各クラスは 「おみせやさんごっこ」の時に 

子どもたちが 一人一つだけ買える ポシェットを担当(^-^)

その中には ほんの少し 本物のお菓子が 入ってました。






年中さんは おみせやさんの担当。

子供たちが作った「商品」が ところ狭しと 並べられていました。

こちらは 色とりどりのお花が とってもきれいなお花屋さん♪

小さなビーズを使ったりして 年中さんでも こんなに器用に頑張ってます。 


2-17-3.jpg







こちらは ケーキ屋さんと パン屋さん♪

カップケーキに メロンパン、ホットドッグに 焼きそばパンも。

2-17-4.jpg



本物を よく観察して 作ったのね~って 感心しました。

本当に おいしそうな出来です(^-^)
 
これを見た娘、

”おみせやさんごっこのときには ぜったいにかおうっと”と決めたみたい。






そして 年長さんは それぞれのクラスが 遊園地に。


2-17-9.jpg



おさかなつりに にんじゃめいろ、そして おばけやしき。

娘のクラスは にんじゃめいろを担当です。

この日 おみせやさんごっこに先がけて 「お一人様1回限り」のチケットが

もらえて 我が家も 楽しんできました(^-^)






そして 造形作品のほうは 年少さんと 年中さんは クラス内展示。

お話から想像して 絵を描いたり トイレットペーパーから作る粘土で

創作活動をしたり クラフトがあったり。

どの子も 想像力たくましく 楽しい作品に 仕上げていました。






そして 年長さんは ホールでの展示。

自画像と 「ぼくの わたしの まち」 というテーマでの製作でした。


2-17-5.jpg



自分の家を作り クラス内の グループごとに それらを合わせて

道を作ったり 公園を作ったりして 楽しい街が 出来上がってました。

年長さんになると けっこう細かいところまで 気をつけていたり

各自の個性が よりはっきりしてきていて 見ていて楽しいです(^-^)






そして 娘が作ったおうちと 彼女のグループの街並み。


2-17-6.jpg



グループの中で 一番高いおうちを リボンパスタで デコレイト♪

おうちの右側にある箱には タイヤがついていて 車だそうです(^-^)

私はてっきり ミニカの箱を 車に見立てたんだと思っていたけれど

それは ポストだそうで(笑)それは すいませんでした~。

娘が いろんな想像をして建てたおうち、親バカだけど よく出来てました。 
 




見たらお分かりのように これらはすべて 廃品(?)から 作られてます。

この作品展のために 各家庭が いろんなものをとっておいて  

回収日のたびに みんなが両手一杯に抱えて 持ってくるわけです。

なので 見た目はあんまりきれいではないし 雑然とした感じだけど

集まった廃品の中から 想像力を働かせて 自分の必要なものを選び出し

いろんな工夫をして 作り上げていることに すごく感心しました。

子供は 新しくて きれいなものがそろっていなくても  

ある物の中で 自由に考え 創造する楽しさを 知っているのですね。 





そして 子どもたちが思う 「自分の姿」。

娘も 大きな画用紙に 自分の姿を 描いてました。


2-17-7.jpg



髪の毛がね~、とっても個性的、というか 不思議、というか ですが(笑)、

まあそれも 自分が思う 自分の姿 ということで(^-^)

足の長さが違うのは スキップしてるからだそうです。 

スキップするくらい 楽しい「自分の姿」なら 私もうれしいよ。

そして 作品展、自分で考えて いろんな工夫をして みんなで協力して、

そんな姿が 作品の向こう側に見えるようで すごくうれしかったよ。   






そして 月曜日は 娘がとっても楽しみにしていた おみせやさんごっこでした。

ずっとずっと ”めろんぱんと かっぷけーきと おはなをかおう”って

言ってた彼女、ルンルンで 幼稚園に登園しました。






娘が幼稚園にいる間 ”今ごろ 何してるのかな~” とか

”おかいもの、楽しんでるかな~” とか 考えていた私。

お迎えに行くと 娘は お買い物した品物が入っている 手提げバックを

広げて ”おはなかったよ”と 見せてくれました。

でも あんなに楽しみにしていた メロンパンと カップケーキはなし。

”メロンパンと カップケーキ、買わなかったんだね~” と聞くと

急に娘は 泣き始めたのです。 

私は びっくりして ”どうしたの? 買えなかったから泣くの?”

”悲しいけど 買えなかったら 仕方がなかったね。泣かなくていいよ”

すると娘は 泣きながら 何か言うのだけど 聞こえなかったので

”売り切れちゃったのかな?それとも お買い物する時間がなかった?”

と聞くと ”N0!N0!”と 激しく首を振って 

娘は 泣きながら 途切れ途切れに 話してくれました。

それを聞いた私は 最初なんて彼女に言っていいか わかりませんでした。

でも 娘に声を掛けてやらないといけない と 思い直し

言葉を選びながら ゆっくり彼女に 話しかけました。
 





そしたら 先日のランドセル贈呈式に 一緒に行った 娘のお友達と

そのママが ”OOちゃん、どうしたの?何かあった?大丈夫?”と  

心配して 話しかけてきてくれました。

なので 私は ”実は こういうことがあったらしくて・・・・・・。

 でも これは 娘側の言い分なのでね。う~~ん・・・・・・”  

すると そのママは ”そうだったの。それはOOちゃん、悲しかったね”

と 言ってくれたあと いろいろと話してくれました。

彼女の話を聞いて 私には 初耳だったことが多くて、

それに 娘は 今まで私にあまり話さなかったので 気がつきませんでした。

なので そのときは 彼女が納得する声掛けが うまく出来なかったのです。

娘が泣いているのを見て 彼女のお友達は 自分が買ったメロンパンを

娘に くれようとしてくれました。

私は 彼女の好意が とってもうれしくて でも 彼女が自分で買ったのだから

お友達には ”その気持ちだけ もらうね”と お礼の気持ちを伝えました。

そして娘には ”おうちで もう一度 メロンパン屋さんごっこしよう!” 

と 元気づけて お友達にさよならして 帰宅しました。






帰宅しても 泣いていた娘だったけれど それでも 買ったものを  

私に 見せてくれました。

手提げバックの中には お花と ネックレスが2つ。


2-17-8.jpg



”わ~、かわいいお花だね。白いお花が きれいだね”と 言うと

泣きながら でもちょっとだけ うれしそうに見えました。

そして ”ネックレスも買ったんだね。何組さんで売ってたの?”と聞くと

”くらすじゃなくて ろうかでうってたの”

”めろんぱん、かえなかったけど あとふたつ かえるから、

(子供たちは 一人3つまで お買い物ができるらしいです)

 OOちゃんと mommyのために ねっくれすを かったの” 

思ってもみなかった 娘の言葉に 私は胸が グッときて

一気に 涙が浮かんできてしまいました。

悲しい気持ちの中で 私のことを考えてくれた 娘の優しい気持ちが

本当に うれしくて ”ありがとう” って伝えるのが 精一杯でした。

ずっとずっと 大切に持っておくからね。

ネックレスと その優しい気持ち ずっと忘れないよ。

本当に 本当に ありがとう。






その日の夜 帰宅した夫にも 今日のことを話しました。

そして 二人でいろいろと話し合い どう娘に 伝えていくか考えました。

もちろん ネックレスの話をしたときには また泣いてしまった私です(笑)

これからも 娘の前には 数え切れないほどの出来事が 起こるでしょう。

私たち夫婦は 娘の気持ちや 思い 考えをよく聞いてやり

私たちもまた 独りよがりにならないように 夫婦でよく話し合い

娘の成長を 見守っていきたいと 改めて思いました。

そうそう、メロンパン屋さんごっこ おうちで二人で 楽しみました(*^-^*)




コメント

No title

ホットドッグは本当においしそうでした・・・ズルッ(涎)
幼稚園児にしては良く出来ているなーと思いましたよ。
忍者屋敷とお化け屋敷は幼稚園サイズだったので大人は辛かったです。

イロイロな経験をしてそれで体も心も成長しているのだと思います。
それにはつらいことも楽しいこともあるわけで、
我々はそれを見守っていかなければなりませんね。

子供がいなかった時期は、2人で楽しいときは楽しさ2倍。つらいときはつらさ2分の1でしたが、今は3倍そして3分の1です!

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

Linny♪

Author:Linny♪
夫と私、そして2004年10月生
まれの女の子の3人家族です。
ささやかな日常のこと、
娘のこと、アメリカでの思い出
などを、ゆっくりのんびり
綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。