Grow Flower, Grow!

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参観日





先週の火曜日は 娘の幼稚園の 参観日でした。 

参観日は 3回あって あらかじめ保護者に配られた 週案を見て

参観する曜日を 選びます。 

今回私は "みんなでクッキング!"の日を 選びました。

その クッキングの内容は 先日みんなで掘った さつまいもを使って

"さつま汁を作ろう!" というものです(^-^)






さて 参観日当日 時間になって お教室へ。

まずは 朝のお歌から(^^)

こうやって 子どもたちが 振り付きで歌う姿は いつ見ても 本当にかわいい。

そして ごあいさつのあとは 先生から 本日の"メインイベント"の 説明です♪

さっと先生の方に イスを向けて座ったら みんな 真剣な顔で 聞いている。

大切なお話を聞く ということも 年長さんの 初めのころより ずっと丁寧で

体と同時に 心も成長していることを 感じさせてくれる。

  
 



今日の さつま汁の材料は 鶏肉・大根・にんじん・ねぎ・こんにゃく・さつまいも。

鶏肉以外の材料は あらかじめ 先生方が 大きく切っていて

各グループの ボウルの中に 同じ数だけ入っています。

テーブルの上に 濡れたタオルをひいたら まずは お野菜の皮むきから スタート!

ピーラーを使って ゆっくりゆっくり 皮をむきます。

無心でむく子、お友達と相談しながらむく子、ピーラーを前に考え込む子、

"さつまいもがかたくてできない~" と助けを求める子、ほんとにいろいろです(^^)

娘は にんじんと さつまいもを担当して 自分なりに上手にできて 満足顔♪






皮むきが終わったら 次はお野菜を 包丁で切ります(^^)

先生から 見本を見せてもらったら 交代で包丁を使って 慎重に切っていきます。

厚かったり 薄かったり 大きかったり 小さかったり とってもバラエティー(笑)

でも 自分たちで切ったお野菜だから どんな形でもOKだよね!

娘の切ったねぎも さつまいもも いろんなサイズで にぎやかでした(^▽^)

 




最後に こんにゃくを みんなで手でちぎったら 本日の準備は 終了~~。

切った材料を ボウルに入れて 調理室へ 運びます。

ひとつのボウルを 3人で持って よいこらしょ。こけないように 気をつけてね~。

調理室で 先生方が 煮てくれている間 今度は 自由遊びの時間です。

お教室で グラウンドで 思い思いの場所で 思い思いに遊ぶ子どもたち。

元気のいい声が聞こえて 子どもたちのエネルギーの大きさに 驚いてしまう。

グラウンドに出て行った娘は しばらくして 彼女を見ていた私を見つけ

何度も手を振っては うれしそうな顔をしてくれる。

少し離れていても こうやって 同じ時間を過ごせて うれしいよ。






しばらくしたら お味噌汁の とってもいい香りが 幼稚園じゅうに 広がりました。

いよいよ みんなで作った さつま汁の 出来上がり!

お教室に戻って 手を洗ったら ランチタイムの 始まりです♪

お給食のお弁当を 取ってきたら 自分のテーブルクロスの上に置いて

お箸やスプーン 歯ブラシを並べて 水筒のお茶を 上手にコップに入れて 準備OK!

先生が 何も言わなくても 子どもたちは ちゃんと自分で 行動してる。

娘も お弁当を取りに行ったら 黙々とテーブルクロスの上を 整えて 待っている。

すごいね。入園してから ずっと積み重ねてきて できるようになったんだね。

こんなことさえも なんだか新鮮で 心がジーンとしてしまう私。






そして おうちから持ってきたお椀に 先生が さつま汁を ついでくれました。

う~~ん いい香り(*^-^*) 私も食べたいな~~。

お給食のお歌を歌ったら みんなまずは さつま汁を味見です♪

真剣な顔をして 味わう子どもたち。お味は いかがかな~?
 





いつも 参観日は ドキドキ ジーンとしてしまう私。

子どもたちの そして 娘の いろいろな成長に 本当に 感慨深くなって

それと同時に 少しずつ 手から離れていることを 実感して 寂しさも感じたり。

こうやって 大きくなっていくのかな。






今日は 写真がないので 昔の写真を 探してみました(^^)

アメリカにいたとき 秋になると 紅葉を見に出かけた Cedar Creekです。

パーキングから 登山道をず~っと登って行くと 岩場の先端に出て

素晴らしい景色を 望むことができます。


11-14-1.jpg



毎年 夫が 娘を背負って 秋晴れの中 3人で歩きました。

厳しい冬がやって来る前の 短い秋の 一日です。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

Linny♪

Author:Linny♪
夫と私、そして2004年10月生
まれの女の子の3人家族です。
ささやかな日常のこと、
娘のこと、アメリカでの思い出
などを、ゆっくりのんびり
綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。