Grow Flower, Grow!

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろな思い





先週の火曜日 幼稚園から帰ってきた娘が 

"からだがいたくて、かゆいよ~" と 泣き始めました。

服を脱がせて 体を見てみると あちらこちらが赤く腫れ 肌がぼこぼこしています。

びっくりして 皮膚科に連れて行くと 「急性じんましん」ということでした。

ドクターからは 「薬を飲めば じきに良くなる」 と言われたので

もらった薬を飲ませて かゆがる娘をなだめながら その日が終わりました。






ところが 翌朝 娘を見てビックリ!

前日よりも もっとじんましんがひどくなっていて 頭にも広がっていました。

娘も 痛くてかゆいため 掻きむしろうとして 泣きます。

なので 知り合いに電話して お勧めだと言う皮膚科を 紹介してもらい 

幼稚園は休ませて すぐに連れて行きました。






娘を診察した女医さんは

「これはひどいね。子どもで こんなにじんましんがひどくなるのは 珍しいですよ。」

と 言ったあと じんましんの原因について 説明してくれました。

小さな子が じんましんを起こす原因のほとんどは 食べ物ではなく

体の疲れがたまり その疲れが 内臓の疲れを引き起こして じんましんが出ること、

それから 過度の強いストレスが 引き金になる、ということでした。

そして ドクターは 

「相当疲れているし 幼稚園で 何かあったのかもしれませんね。」 
  
と 話し 塗り薬と 飲み薬で 少しづつ良くなるから と 言われました。

  




一週間が経って やっとじんましんが よくなったわ と 安心していたある日

晩ごはん時に 娘が 私に 私の子供時代のことを 聞いてきました。

珍しく 何度も聞いてくるので "なんだか いつもと違うなぁ" と思い

娘に 何気なく "幼稚園 楽しい? なにか あったのかな?" と たずねました。

すると 突然泣き出し 泣きながら 少しずつ幼稚園でのことを 話し始めました。

 




話を聞きながら 娘の気持ちや 思いに 気付いてやれなかった と知らされました。

もう 幼稚園にも慣れて 楽しく通っている と 思ってた。

お友達もできて 日本語も上手になって いろんなことが 少しずつできるようになって

幼稚園が 楽しくなってみたいで よかった と 思ってた。

こんにひどい じんましんが出るほど 娘が いろいろな思いを持っていることに

気付かず 私一人が 勝手に 安心してた。

  




ごめんね。もっと 気にかけていればよかった。

言葉 表情 しぐさ もっと よく見て その思いを 推し量ればよかった。

娘が 少しづつ話すのを じっと聞いたあと

私が思ったこと 感じたこと 考えたことを 彼女に伝えた。

突然のことで 言葉を探しながら 話したから 娘の心に 届いたかは わからないけど

しばらくして 涙も止まり また一緒に 晩ごはんを食べました。


 



これからの 長い人生の中 数え切れないほど いろんなことがあって  

気持ちが 心が いっぱいいっぱいになることが あるんだよ。

でも 自分の心と 相手の気持ちは 大切にして欲しい と思ってるよ。






先日 娘が 幼稚園で作ってきた 「千歳あめ」を入れる袋。

年長さんだから 七五三の歳ではないけれど 15日にあわせて 作ったみたいです。

中には ペコちゃんの 本物の千歳あめが2本 入ってました(^-^)


11-18-1.jpg



袋の裏には 大きく 筆で 名前が書いてありました。

娘、人生初めての 毛筆です(笑)

それを見た夫は 「うわ~、すごいね~~。」と 大笑いしておりました(^0^)

来年の七五三 どんなかな。楽しみだね。



コメント

子育てって、本当に大変なんですね。(未経験者なもので)

最近、読んだ本の中に、上手いコミュニケーションというのは相手の気持ちを聴きだすことだという文句がありました。どんな小さい子供でも、いや、うまく表現できない子供こそ気持ちを計ることって大切なんですね。

読んでいて、とても切ないのと同時に予習的な意味で勉強になりました。(すいません、当事者は切実なのに。。。)

言葉の壁とか、人種の壁とか(うちは甥と姪がハーフなんです)、子供たちだけがぶつかる小さくて大きな障壁がありますが、相手の気持ちが見えるまでお話を聴いてあげたいですね。

聴く大人側に自分の悩みが通じたことが子供に安心感を与えてくれるのかもしれないですね。(これは私の想像です)
とにかく早くじんましんが治りますよーに!!
元気にLTBに乗っているところを見せてくださいね!

サルサ野郎さんへ

こんにちは♪ ご訪問 ありがとうございます(^^)

お返事 遅くなってしまって ごめんなさい。
じんましんのほうは やっと良くなって 安心したのですが
金曜の夕方から 娘がまた少し 体調を崩して
私の方も ちょっと疲れてしまったみたいで
お返事が 今日になってしまいました。

娘のこと 心配してくださって ありがとうございます。
10月くらいから よく体調を崩していたのですが
その時は 「運動会の練習で 疲れてるんだろうな。」と
あまり深く考えておらず 今思えば サインが出ていたのに
気がつきませんでした。

相手の気持ちを聞いていく ということが コミュニケーションで
大切だ というお話 本当にそうですね。
相手の気持ちを聞き 自分の思いを伝え そして 共感する感情が出てきて
信頼関係が 生まれるのでしょうね。

子どもは 小さなころは 不快なことがあると 泣くことで
親や 周りの人に 訴えるから 気がつきやすいけれど
だんだんと 心の中に 自分の思いを ためていく年齢に 
なってきたんだと 知らされました。
だからこそ 子どもに 「抱える思いを出してもいいよ」  
「いつでも 見守っているよ」 という 安心感を 感じさせる
コミュニケーションが 大切なんだ と強く思いました。

甥っ子さん 姪っ子さん ハーフさんなのですね。
本当に 子どもが抱えるには 大きすぎる 辛すぎる壁が
いくつも あるのですよね。
我が家が アメリカにいたときも 言葉の壁はもちろん
人種の壁 異文化の壁に よく当たりました。
甥っ子さん 姪っ子さん 一つずつ 乗り越えていって欲しいな  
と 心から 思います。

親になって 6年が経ちましたが
子育ては 試行錯誤の連続だ~って 感じます。
きっと これからも ずっとそうなんだろうなぁ。
だから ライドで 気分転換だ~!(夫談(笑))

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

Linny♪

Author:Linny♪
夫と私、そして2004年10月生
まれの女の子の3人家族です。
ささやかな日常のこと、
娘のこと、アメリカでの思い出
などを、ゆっくりのんびり
綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。