Grow Flower, Grow!

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あったか湯たんぽ と 公園






最近 寒さが厳しくなって 冬真っ盛り という感じですね。

寒いのが 本当に苦手な私は 毎年冬になると

”今すぐハワイに 移住したい!” って 本気で思ってました。
 
というか、別にハワイじゃなくてもいいんだけど 要するに 

とにかく あったかい場所なら どこでもよかったのですね。






冷え性クイーンの私は あっちこっちが冷たいんだけど

特に 手先と足先が冷え冷えで 寝るときが辛いのです(T0T)

なので ず~っと電気敷き毛布命! な私でしたが 

アメリカに行ってからは 寒いときは 一晩中エアコン暖房を つけてるので

靴下を履けば なんとか電気敷き毛布なしでも やっていけました。






で 日本に帰ってきて また電気敷き毛布の出番よっ!って 思ってたけど

娘と一緒に寝るとなると 子供は暑がりだから 当然イヤなんですよね。

なので 仕方なく 電気敷き毛布は 諦めることにしました(;_;)

その代わりに登場したのが 湯たんぽ♪

もちろん 娘でごさいます(笑)

子供は 体温が高いから これがめちゃくちゃあったかい(^▽^)

彼女を寝かしつけるときは シングルのお布団に 2人でもぐり込んで

お互いに ギュッ! とし合えば あったか ほんわか 幸せ~~♪

電気敷き毛布に 匹敵するほどの 温かさでございます。
 





が この湯たんぽちゃんは いかんせん 暑がりな子どものために

ギュッ! っとして しばらくすると 体を上に向けたり 私に背を向けて

睡眠の世界に 入っていくので なんとしても 湯たんぽを 確保したい母は

”よっこいしょ” と 娘をもう一度引き寄せたり 

ベタベタと 娘を触りまくって なんとか暖を取ろうと 日々努力してます(笑)






そして おまけに 多くの子供がそうであるように 寝相が・・・・・・です。

なので 時として 私の顔の上に 手が落ちてきたり 寝返りの拍子に

キックや パンチが 飛んできて その度に 目が覚めるよ~(T0T)

それに 娘が お布団をけっ飛ばしては 掛け直して・・・・・を

繰り返して 湯たんぽどころか 母も寒いじゃん!(><)

ほんと この湯たんぽちゃんと一緒だと 安眠とは程遠いのだけど

やっぱり 柔らかな子どもに触れていると うれしい気持ちになるのです。

それに こんなに近くで 娘の寝息に 耳を澄ますことができるのも 

そんなに長くないな って思うと この湯たんぽちゃんと一緒に 寝たいのです。

今はまだ 小さくて 私の足まで 湯たんぽちゃんが 届かないので

相変わらず 私の足は 冷え冷えなので 早く足も 暖めてね~~(^-^)






と言うように 私は ほんとに寒がりなんだけど  

娘はもちろん お外で遊びたいわけでして。 

なので 公園に行って 遊んでおります(私は寒さに震えておりますが(;_;)

先日 娘の足で 歩いて15分くらいの公園に 行ってきました。

最近 また 縄跳びフィーバーな娘、前飛びは 段々上手になってきました♪

そして たま~に 一回だけ 後ろ飛びも出来るようになって ビックリ!


1-22-1.jpg







そして これまた いつの頃からか マイブームの鉄棒。

最初は 夫や私が 娘を鉄棒に ちょっと持ち上げてやるだけで 怖がって

泣いていたのに 幼稚園で お友達がやっているのを見たり

担任の先生や 体操の先生に 教えてもらったりして

ある日 くるん と 前回りが出来るようになっていました(*^-^*)

そして 今彼女が頑張っているのが 逆上がり。

まだ できてはいないんだけど 腕力がなくて ぶら下がることも 

出来なかった頃から思うと こうやって 自分の体を 鉄棒に引き寄せて

足を持ち上げられるようになっただけでも すごい進歩ですV(^-^)V


1-22-2.jpg



怖がりな娘は いろんなことをトライするまでに 時間がかかるんだけど

それでも 彼女なりに 努力した結果が 少しずつ 形になってきていて

子どもが 自分で成長していく 力強さに 感激したり 驚いたりします。






この公園の滑り台は よく滑るのです(^-^)



1-22-3.jpg


最近の 我が家でブームな言葉、”うぃ~~ぴ~~” を

叫びながら 滑っている娘(笑)






あとは 二人でかけっこしたり 棒倒しをやったり。

寒かったけど 楽しい時間になりました。

次は どの公園に行こうかな。

また いろんなことして 一緒に遊ぼうね。




ピアノレッスン





以前から ピアノを習いたがっていた娘(^-^)

幼稚園の 娘のクラスにあるピアノを お友達が弾くのを見て

”わたしもひけるようになりたいな~” って思ったみたいです。

でも 一時的な興味かもしれないし 我が家にピアノはないし ということで 

少し時間を置いて しばらく様子を見ることにしました。






そうこうしてたら 去年の夏に帰省したときに 私の父が

”お母さんが使っていたキーボードを 持って行ったらいいよ” と

言ってくれて 我が家にもらってきたキーボードを 

娘が触っては 思うままに鍵盤をたたいて 遊ぶようになりました。

で、私が簡単なメロディーを弾いてやると すごく喜ぶのです。

なので こんなに興味があるのなら 習わせてみてもいいかな と

ご近所の方に ピアノの先生を ご紹介して頂きました。






そして 娘には 習う以上は簡単にgive upしないこと、曲が弾ける楽しみを

味わうためには きちんと練習すること、そして練習は毎日すること を

話して聞かせ それができるのなら レッスンに通ってもいいよ と話したら

”うん!がんばるから レッスンにかよいたい!!”と 元気なお返事(笑)

という訳で ピアノのレッスンに通うことになりました。 






でも 実は 私の方も 娘にはピアノを習わせたいな という思いは

ずっと以前からあったのだけど アメリカにいたときには

いろいろとあって ピアノを習わせる時間が ありませんでした。

あとは 私自身の経験から ピアノを習わせるのには ちょっと大げさだけど

決意がいる、というか 覚悟がいる、みたいな思いがあって。






私自身は 3歳からピアノを習い始めて 高校卒業まで 続けました。

ピアノ以外にも いくつか習い事をしていて それでも 小学生のときは

それらをこなすことも そんなに難しくはなかったです。

でも いろいろと 習い事をしてると みんなそうだと思うけど

中学生になると ”クラブ活動の壁” に 当たるんですよね。

帰宅も遅くなって 習い事を続けるのが だんだん大変になってくる。

結局 私も ピアノだけは続ける ということになりました。

それでも 部活が終わって 帰宅してからの練習や 試験期間の練習は

しんどい時も多かったし 時間のやりくりも 大変だった気がします。






で 次に来るのが ”高校受験の壁” かな。

この頃には 私のピアノのお教室でも レッスンをやめる子もいました。

私は 音楽の道に進みたい という気持ちもあったので これはなんとか

乗り越えたけど 練習は 思ったようにはできなかったかな。






高校に入ると いよいよ 音楽の道に進むための努力をするのか

別の選択をして ピアノは趣味として続けるのか ということになりました。

最初は 音楽の道に ということで そういうレッスンも始めたんだけれど

教師になりたい という思いの方が 強くなっていったことと

このくらいの年齢になると ピアノに対する自分の実力とか 能力とかが

分かるようになってきていて ピアノだけで生きていくのは難しい と

思い始めたんですよね。

で 結局 高校を卒業した時に レッスンも卒業しました。  






こういうことがあって ピアノを習うということは 上達していく楽しさと

同時に それを味わうための練習を きちんと続けていくことの難しさが

同居していて(もちろん習い事は、みんなそうだと思います)、

どうしても慎重に なっちゃうのです。






まあ 習い始めたばかりなのに 先のことを心配しても しょうがないので

今は ピアノって楽しいね っていう気持ちを 娘が抱いていけるように

私も一緒になって 久しぶりの音符たちを 楽しんでいきたいです(^_^)






昨日 頂いてきた 娘の楽譜と 五線譜ノート。

私が子どものころは 最初のピアノ教本といえば バイエルなんかで

それも カラー印刷や イラストなんか全くなくて いきなり♪ばっか(笑)

時代は変わったのね~~。こんなにカラフルで ビックリです。


1-13-1.jpg







お約束どおり 今日から練習です(といっても あっ!という間ですが(笑))

昨日 先生のところで弾いた(鍵盤をたたいた)ところを復習しました。

昨日よりも 上手にできたせいか 練習後は うれしそうな顔でした(^▽^)

そんな顔を見ていたら 私もまたピアノを習いたいな~ なんて思ったり。
 
親子で ピアノの音を楽しむ生活、それもまたいいかな♪




サンタさん、お願いします




子どもにとって ”クリスマス” といえば やっぱり ”クリスマスプレゼント”を

思い浮かべるものなのでしょうね(^-^)

我が家の娘も しばらく前から

”あれにしようかな~” とか ”こっちのほうがいいかな~” と あれこれ考えては

私たちに ”あれでいいかな” ”これはだめかな” と 意見を求めておりました(笑)

サンタさんに お願いする前に 私たちに聞いてくれて ありがとう。

これって サンタさんにとっても すご~く大事なことなのよ(笑)






娘は 1年のうちで お誕生日と クリスマスの時だけ 欲しい物を もらえるので

それはもう ああでもない、こうでもない、と 真剣に悩んでおりました。 

もちろん 欲しい物はなんでも、いくつでも、というわけにはいかない と

彼女も分かってきたので いくつかの 候補の中から 自分なりに 欲しい順序を決めたり

来年でもいいものは そうしたり、と 一生懸命に 考えたみたいです(^-^)

そして 欲しい物が決まったら それらについて 私たちが、娘の年齢に合っているか、  

興味が続くか、自分で工夫して遊べるか、大切に使っていけるか、などを考えてみてから

彼女に 私たちの考えを伝えて 決めてきました。   






で サンタさんにお願いするプレゼントを いろいろと悩んだ娘は  

結局 「シルバニアファミリー」 と 「すごろく」 に 決めました(^-^)

「シルバニアファミリー」は アメリカにいたときから ずっと気に入っていて

今まで 少しずつ集めてきて 今回は 「キャンプセット」を 選びました。

「すごろく」のほうは いつだったか 広告にくっついてきた ペラペラの「すごろく」を

ものすごく気に入って(生まれて初めて遊んだ すごろくだったのです(笑))、

毎日毎日遊んでいたので もうちょっと 楽しいすごろくが 欲しくなったみたいです。




 

「すごろく」なら 家族でも一緒にできるし それなら サンタさんに お願いしよう

ということで この前 3人で トイ○らスに 下見に行ってきました(^-^)

すると 皆さん 同じことを考えてるみたいで 駐車場も 店内も たくさんのお客さん。

早速 目的の ボードゲームコーナーへ行くと

”えっ?これだけしか ないのかしら・・・・・(;-;)” 

っていうくらいに 少しの種類しかなく コーナー自体も すごく狭いのです。

そして 置いてあったのは 昔からある「人生ゲーム」とか 「オセロ」とか 

いくつかのボードゲームが セットになっているもので 娘には ちょっと難しい。

それこそ 「すごろく」なんて いくら探しても 見当たりませんでした。






そういうボードゲームも 今はもう テレビゲームや DSなんかで楽しむ、っていう

時代に なっているのかなぁ、と思いながら 娘には

”今日は 見つけられなかったけど 違うお店なら あるかもしれないから 大丈夫”

と 話して がっかりしていた娘も 納得してくれました。 






トイ○らスにないなら ほかのおもちゃ屋さんにもないだろう、ということで

それなら ネットで買うことにしよう、と 夫と一緒に いろいろなサイトを見て 

結局 木でできた ドイツの「すごろく」のようなものを オーダーしました。

娘が気に入ってくれたら うれしいな。






娘が サンタさんに書いた クリスマスカード☆

「た」の横線が 3本になってますが サンタさん 気にしないでくださいね~(笑)


12-20-1.jpg







そして カードの中に書いた 彼女からのお願いの品。

うまく書けなかったようで 夫が代わりに 書いておりました。


12-20-2.jpg



でも 自分の名前は ひらがなと アルファベットで 大きく書いてました(^-^)

2回も 大きく 名前を書いてくれたら サンタさんは 絶対に間違えないで  

プレゼントを 届けてくれるから 安心してね☆






今日 娘が 幼稚園から持って帰ってきた クリスマスブーツ♪

開いた窓から お花が見えてます。


12-20-3.jpg



サンタさんの 目印になるように 玄関に 飾りました。

クリスマスイブの夜 この中に プレゼントを 入れてくれるといいね。



こんにちは、赤ちゃん





あの 嵐のような 発表会の日から 5日が経ちました。

娘の 怪我のことでは 皆様にご心配をおかけして ごめんなさい。

ギブスをつけた違和感で 泣いていた娘ですが だんだんと 慣れてきたようです。






そんな娘、水曜日から 幼稚園に 通い始めました。

親としては 幼稚園にも迷惑をかけるし 足の方も心配だし と 悩みましたが

担任の先生から ”職員で 手助けしていくので 大丈夫です” という お言葉をもらい

娘の方も お餅つきや クリスマス会など 楽しいイベントに どうしても 

参加したい と 強く希望するので 幼稚園に お願いすることにしたのです。

ギブスした足のほうには 私の 夏用のスポーツサンダルを 履かせ

(↑子供用の サンダルなので ギブスした足には ジャストサイズ(笑))

これで 包帯が 地面に着かないので 汚れも ちょっとマシになりました(^^) 






さて そんな我が家に 赤ちゃんが やって来ました(*^-^*)

もっちもちのお肌に むちむちの手足、柔らかい ふわんふわんのヘア、

まん丸なおめめに やさしいミルクの香り、にっこりかわいい笑顔♪

・・・・・・・ではなく その赤ちゃんは なぜかもう6歳(笑)

だけど 赤ちゃんの 喃語のように むにゅむにゅ もにょもにょと話し、

(なので なにを 話してるのか よくわからない・・・・・)

”Hug please!” と つねに抱っこガールに なりたがり、
 
笑っていたかと思えば ぐじゅぐじゅ泣き出し いつの間にか 寝てしまい、

”こっちに来て~” ”あそこへ行く~” ”あれ取ってくださ~い” 
 
”これしてくださ~い” の お願い攻撃を 繰り出し、

そして 時に一人で 何かに 憤り よくわかってないまま 口を とんがらせている。

そう、娘が突然 赤ちゃんに 大変身だ~~(><) 






仕方がないのです。よ~くわかっているのです。

発表会のときの 悔しさ 辛さ 悲しみ。

昨日まで できたことが できなくなった自分。

誰かに 手を借りなければ できないことが増えた自分。

もっと動かしたくても 痛みが怖くて 動かせない足。

持って行き場のない気持ち、苛立ち、いろんな感情が 押し寄せていて

赤ちゃんに戻ることで 自分を 保とうとしている娘がいること。






でも あまりに突然で 全く心構えがなかった私は 少し 参ってしまい

夫に 2日ほど 早く帰ってきてもらうように 頼みました。 

日々 成長していく娘に 日頃は 

”まだまだ 赤ちゃんでいてほしいなぁ”

なんて 思っているくせに いざそうなったら これは大変だって 思う私がいる。

ほんとに 自分勝手な私だ と 改めて 思い知らされる。

いいよ。ずっと 抱っこするよ。

すっかり重くなったけど 頑張るからね。






先日 娘が 持って帰ってきた おにの角と 金棒(^^)

・・・・・じゃなくて ピンク棒(笑)

ちゃんと ごつごつしていて 先生と 娘の 力作です。


12-10-1.jpg



足がよくなったら これを持って エンヤラヤ~踊りを 踊ってね。

元気な 元気な ダンス、楽しみにしているよ。




揺れる気持ち





幼稚園の ”おたのしみ発表会” まで あと2日。

娘は 朝から 晩まで おうちで 発表会の 自主練習に 励んでいます(笑)

歌を 歌っていたかと思えば 踊ったり せりふを言ったり 演技したり。

なぜか ほかの役柄の 練習もして 大忙しです(^-^)






そんなある日 娘が ぽつんと 言いました。

”やっぱり 「はなひめ」 か 「ティンカーベル」が よかったな・・・・・。”

”どうして?「おに」も たくましいし かっこいいよ。”(←イマイチな 褒め言葉) 

”だって 「はなひめ」も 「ティンカーベル」も かわいいんだもん・・・・・。”

「はなひめ」っていうのは 今回の ももたろうの劇に出てくる 役柄の 一つで

(「はなひめ」って 「ももたろう」に 出てきたかしらん・・・・・?)

「おに」たちが 「はなひめ」を 連れ去って行く という 設定らしく

「はなひめ」を 助けるために ももたろうたちが 鬼が島に やってくるみたい。






「はなひめ」さんは ピンクのフェルトでできた 大きなお花を 髪に飾って

お花のついた 着物風の上着に 長いスカートで 想像するだけで かわいらしい♪

(この前 偶然 「はなひめ」が チラッと見えたんだけど とても かわいらしかったです)

一方の 「おに」たちは さすがに 「トラのパンツ」 ではなくて 安心したけど

黒い長袖に 黒いタイツ、黄色おには 黄色いベストに 黄色いスカート(娘は黄色おに)、

赤おには 赤いベストに 赤いスカート、両おにとも 頭に角をつけて 刀を持つ姿(^^;)

 




「はなひめ」の 踊りと せりふを おうちで 披露してくれたけど(うる覚えだけどね)

かわいらしくて 衣装を着て踊ったら もっと かわいらしいだろうなぁ♪

一方の 「おに」たちは ”エイヤラヤ~~。エイヤラヤ~~。” を 繰り返し 

刀をかついで どっすん どっすん の しこ踏みダンス(笑)
 
せりふもほうも ”どっからでも かかってこい~~!” って 勇ましかったり

ももたろうに ”かくご~~!” って 言われて ”あ~~っ!” って 叫んで

(娘が 言うには ももたろうに やられた~ って ことらしい)

”ごめんなさい。もうわるいこと しませ~ん。” って 土下座したり だったり。

「はなひめ」さんたちの かわいらしさとは 正反対だけど 女の子がやる「おに」も  

勇ましいし なかなかいいよ って 応援したけど 乙女心は 揺れるみたいです(笑)






この 「ももたろう」 は 音楽劇なので せりふのほかに いろんな歌も 歌います。

で 全員で ”も~もたろさん、ももたろさん、おこしにつけた~ きびだんご~~”の

歌を 歌う以外に それぞれの役の歌が いくつか あるみたいなんだけど

「おに」たちは 上に書いた ”エンヤラヤ~。” の歌だけらしいのです(;-;)

なので 5人の「おに」さんたちは ”ナレーター” も やることに なってました。

先生から ”おうちでも お母さんが 一緒に 練習していただけますか” と

ナレーションを書いた 紙を 娘に持たせてくれました。

一通り 一緒にやったけど 言葉の意味が わかってなかったらしく 「?」な状態。

なので 簡単に 英語で説明してから 練習したけど なかなか 難しいのかなぁ。

でも もう少し 練習して 当日は 5人で 頑張って欲しいな(^^)  






そういえば 今回の発表会は 年長さんだけは クラスごとでなく

子どもたちの希望を取って 「ももたろう」 と 「ピーターパン」 に 分けていて

「ももたろう」は 32名、「ピーターパン」は 43名 に なっています。

なので 一つの役を 何人かの子どもが 一緒にやる ということで

「ももたろう」は 3人、「犬」は 4人、「サル」は 6人、「きじ」は 5人、で

ももたろう御一行は 18人の 大所帯(笑) きびだんごも たくさん必要だわ、あはは。 

一方の 「おに」は 5人なので あっという間に ”まいりました~” よね(笑)
 





おうちで ほかの役の 小物を いろいろ作っては 練習している娘。

どこからか 細いスティックを 探してきて いろんな飾りをつけたりして

ティンカーベルの 魔法の杖を作って あっちこっちで 魔法をかけてみたり(笑)


12-3-1.jpg



娘の お友達が 並んでいる棚。

白い 電動ワンちゃんの ”ぱっぷんだーじー(っていう名前)” が かぶっているのは

ピーターパンの練習をしよう と思った娘が 作った ピーターパンの帽子。

グリーンに塗って どこからか 探してきた 赤い羽根(募金でもらったものだと思う)を

飾って はい、素敵な帽子の できあがり~!(*^-^*)

・・・・・の はずだったんだけど 小さすぎて かぶれなかったらしい(笑)

自分の代わりに ワンちゃんに かぶらせておりました(^-^)






発表会 とっても 楽しみだね。

今まで 練習してきたから 大丈夫。
 
ドキドキするかもしれないけれど 見てる人みんなが 応援してるよ。

きっと きっと 素敵な発表会に なるからね。

  

前ページ← HOME →次ページ

プロフィール

Linny♪

Author:Linny♪
夫と私、そして2004年10月生
まれの女の子の3人家族です。
ささやかな日常のこと、
娘のこと、アメリカでの思い出
などを、ゆっくりのんびり
綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。